書籍カテゴリー:感染症学

インフルエンザワクチン接種の実際とコツ

在庫状況:品切れ

インフルエンザワクチン接種の実際とコツ
あなたの疑問・迷いをBreak through

1版

  • 久留米大学名誉教授・呉共済病院名誉院長 加地 正郎 編
  • 川崎市立川崎病院院長 武内 可尚 著
  • 大阪市立大学医学部教授 廣田 良夫 著
  • 久留米大学医学部附属医療センター 加地 正英 著

定価:1,980円(本体1,800円+税10%)

  • A5判 112頁
  • 2000年12月 発行
  • ISBN978-4-525-23081-4
  • ISBN4-525-23081-9

概要

あなたの疑問・迷いをBreak through!
いま,インフルエンザの予防対策が大きく変わろうとしています!
予防接種法の改正案,ワクチン供給体制の動向など,流行の度に話題となるインフルエンザワクチン.特に高齢者や小児に対するワクチン接種は,臨床医,高齢者施設の関係者にとって,判断が求められる重要な問題です.
ワクチン接種の実際とコツは? ワクチン接種の予防効果は?
新型ウイルスとワクチン接種は? などの疑問にわかりやすくお答えします.内科・小児科医,高齢者施設の関係者必携の書.

目次

I.わが国のインフルエンザ予防接種の足どり

 A.集団的接種の中止
 B.インフルエンザワクチンの復権へ向けて
 C.2000-2001シーズン用ワクチン


II.インフルエンザワクチンの予防効果:適応と有効性の評価

 A.はじめに
 B.インフルエンザワクチンの有効性
  1.有効性(相対危険と有効率)
  2.Antibody efficacy
 C.インフルエンザワクチンの適応
  1.接種対象者
  2.普及状況
 D.ワクチン有効性評価の基礎理論
  1.基本原理
  2.方法論上の問題点
  3.感染防止
  4.発病防止
  5.測定結果の誤分類
  6.不適切な解釈
 E.おわりに


III.小児のインフルエンザワクチンの必要性

 A.アメリカの予防接種諮問委員会(ACIP)の勧告
 B.小児に対するインフルエンザワクチンの必要性
  1.小児のインフルエンザ合併症
  2.小児へのインフルエンザワクチン接種
  3.保育園児へのインフルエンザワクチン
 C.インフルエンザワクチンは毎年接種しなければならない
 D.生ワクチンの実用化
 E.おわりに


IV.インフルエンザワクチン接種の実際

 A.インフルエンザワクチン
 B.ワクチン接種の実際
  1.接種対象
  2.禁忌および特に慎重接種を要する例
 C.問診および予診
 D.接種量および接種回数
 E.接種部位
 F.アルコール不耐症
 G.接種直後の注意
 H.接種機材(注射器および注射針)
 I.接種実施の場所
 J.その他接種時の諸注意
 K.ワクチンの保存法
 L.ワクチン添加物
 M.ゼラチンアレルギー
 N.副作用
  1.全身的副作用
  2.局所的副作用
 O.接種後の注意事項
  1.接種後の観察
 P.日常生活
 Q.接種ミスを防ぐ
 R.ワクチン同士の接種間隔
 S.接種後の健康被害と事故
 T.アマンタジンの予防投与
 U.インフルエンザの情報収集

 接種現場からのQ&A

V.インフルエンザ最近の流行とそのインパクト

 A.インフルエンザウイルス
 B.インフルエンザA流行史
 C.最近のインフルエンザ流行の実情
 D.新型インフルエンザとパンデミック
 E.インフルエンザ流行のインパクトを考える

VI.新型インフルエンザウイルス出現とワクチン対策

  1.新型インフルエンザのためのサーベイランス
  2.インフルエンザワクチンの生産
  3.ワクチン接種の実施
  4.予防内服
  5.Fort Dixの小流行


資料:最近のインフルエンザ流行株とワクチン株
資料:インフルエンザワクチン製造量と接種率の推移