書籍カテゴリー:臨床薬学|基礎薬学

薬学生・実習指導者のための実務実習ガイドブック

在庫状況:品切れ

薬学生・実習指導者のための実務実習ガイドブック

1版

  • 財団法人 日本薬剤師研修センター 総監修

定価:6,600円(本体6,000円+税10%)

  • B5判 553頁
  • 2005年7月 発行
  • ISBN978-4-525-70131-4
  • ISBN4-525-70131-5

概要

今後重要となる実務実習において,実習指導者が効率の良い指導をできるよう,日常業務にある問題を設問形式で取り上げ,それに対する解説・解答例を100名以上の現場薬剤師で執筆.また薬学生に対しても大学での実習前実習のほかに国家試験対策としても幅広く活用できる.さらに問題集をCD-ROMとして付け,自作問題作成機能も収録している.

■付属CD-ROM 推奨動作環境

【Windows】
CPU: Celeron 500MHz相当以上
OS:Microsoft Windows 9x / Windows 2000 / Windows Me / Windows XP
メモリ:128MB以上(推奨)

※Windows Vista 以降には対応しておりません
※Macintoshには対応しておりません

序文

平成18年4月入学者からわが国の薬剤師養成を目的とする薬学教育は6年一貫の学部教育で行われることになった.その中では6ヵ月の病院・薬局実務実習が必修20単位として義務付けられている.これまでも薬剤師国家試験受験資格は薬学の正規の課程を履修したものだけに与えられてはきたものの,その薬学教育の中身は基礎科学偏重であり,薬剤師養成が薬学教育の主たる目的であるという意識は教育関係者の間では永い間希薄のままで推移してきた.平成に入って,薬剤師は医療の担い手であると医療法で定められた後も,実務実習をほとんど履修しないまま卒業する薬学生がなんと10%弱いるという状況が最近まで続いてきたことはほかの医療職の人たちから見て理解しがたいことであろう.
日本薬剤師会は従来,実習指導者のための手引きを作成して薬局実習に備えて来たし,最近,長期実務実習を見据えた実習指導マニュアルを作成しているところと聞いている.しかし,上述のような状況を反映してか,これまでは,実務実習を現場で指導する薬剤師のための指導マニュアルまたはガイドラインのような内容の成書はほとんど見当たらない.
この度,南山堂から「薬学生・実習指導者のための実務実習ガイドブック」が刊行されるのはまことに時宜を得た企画であるというべきであろう.ここでは薬剤師業務の実例を概論,調剤,製剤,薬剤管理指導,医薬品情報,薬品管理,医療安全管理,注射,薬物血中濃度,臨床試験の10項目にわたり設問形式で解説している.出題数は222題にのぼり薬剤師に必要な基本的な知識,技能,態度をほとんど全て取り上げており,実践を重視した内容で指導者側もまた指導を受ける学生にとってもわかりやすい.特に,指導経験の浅い薬剤師が実習生を受け入れる際の「虎の巻」として優れており,指導者側の経験が浅くとも一定レベルの実習教育が可能になるようにできている.
今後,長期実務実習が本格的に始動し,実務実習モデル・コアカリキュラムの内容が確実に消化されるようになると,本書の内容も更なるレベルアップが必要になろうし,また,薬局実習については大幅な拡充が求められるであろうが,100人以上の現場の薬剤師が執筆にかかわった最初の本格的な実習指導者のためのガイドブックとして新しい薬学教育の円滑な進行に大きく貢献することを期待したい.

2005年4月 財団法人 日本薬剤師研修センター 理事長 井村伸正


目次

概 論
CASE 1  病院内の組織と薬剤師の役割      Level:★☆☆☆☆
CASE 2  病院薬剤師の業務           Level:★☆☆☆☆
CASE 3  薬剤師の医療倫理と職能        Level:★☆☆☆☆
CASE 4  療養担当規則             Level:★★☆☆☆
CASE 5  保険と投薬日数の関係         Level:★☆☆☆☆
CASE 6  処方せんの形式と記載事項       Level:★☆☆☆☆
CASE 7  薬用量(分量)の処方せんへの書き方  Level:★★☆☆☆
CASE 8  ファーマシューティカルケア      Level:★★★☆☆
CASE 9  クリニカルパス            Level:★☆☆☆☆
CASE10  学校薬剤師              Level:★★★☆☆
CASE11  保健機能食品             Level:★★★☆☆

調 剤
CASE 1  賦形剤の添加−1           Level:★☆☆☆☆
CASE 2  賦形剤の添加−2           Level:★★☆☆☆
CASE 3  簡易懸濁法              Level:★★★☆☆
CASE 4  錠剤の粉砕              Level:★☆☆☆☆
CASE 5  軟膏剤の混合             Level:★☆☆☆☆
CASE 6  一包化調剤              Level:★★★☆☆
CASE 7  処方せん鑑査− 1           Level:★★☆☆☆
CASE 8  処方せん鑑査− 2           Level:★★☆☆☆
CASE 9  処方せん鑑査− 3           Level:★★☆☆☆
CASE10  処方せん鑑査− 4           Level:★★☆☆☆
CASE11  処方せん鑑査− 5           Level:★★☆☆☆
CASE12  処方せん鑑査− 6           Level:★☆☆☆☆
CASE13  処方せん鑑査− 7           Level:★★★☆☆
CASE14  処方せん鑑査− 8           Level:★★☆☆☆
CASE15  処方せん鑑査− 9           Level:★★★☆☆
CASE16  処方せん鑑査−10           Level:★★☆☆☆
CASE17  処方せん鑑査−11           Level:★★☆☆☆
CASE18  処方せん鑑査−12           Level:★★☆☆☆
CASE19  処方せん鑑査−13           Level:★★★☆☆
CASE20  小児薬用量              Level:★★★☆☆
CASE21  適応外使用              Level:★★★★☆
CASE22  薬物相互作用の回避法         Level:★★★☆☆
CASE23(保険調剤)保険調剤の基本用語      Level:★☆☆☆☆
CASE24(保険調剤)医薬品の剤形− 1       Level:★★☆☆☆
CASE25(保険調剤)医薬品の剤形− 2       Level:★★☆☆☆
CASE26(保険調剤)類似医薬品の識別       Level:★★☆☆☆
CASE27(保険調剤)処方薬の在庫がない医薬品の入手法  Level:★★★☆☆
CASE28(保険調剤)処方せん鑑査         Level:★★☆☆☆
CASE29(保険調剤)病名の推察          Level:★★★★☆
CASE30(保険調剤)関係法規の遵守        Level:★★★★☆

製 剤
CASE 1  院内製剤の定義と分類         Level:★★☆☆☆
CASE 2  特殊製剤の分類と調製承認手順     Level:★★★☆☆
CASE 3  院内製剤とPL法の関係         Level:★★★☆☆
CASE 4  院内製剤(内用剤)の調製手順− 1   Level:★★☆☆☆
CASE 5  院内製剤(内用剤)の調製手順− 2   Level:★★★☆☆
CASE 6  軟膏の混合方法            Level:★★☆☆☆
CASE 7  軟膏剤の調製法            Level:★★☆☆☆
CASE 8  軟膏基剤の性質            Level:★★★☆☆
CASE 9  点眼剤・点鼻剤・点耳剤の調製     Level:★★☆☆☆
CASE10  含嗽(がんそう)剤の調製法       Level:★★☆☆☆
CASE11  院内製剤(未承認製剤)の調製法    Level:★★★☆☆
CASE12  滅菌方法とその特徴          Level:★☆☆☆☆
CASE13  薬局製剤の製造と販売         Level:★★★☆☆

薬剤管理指導
CASE 1  基本的注意事項            Level:★☆☆☆☆
CASE 2  服薬指導方法と心掛け         Level:★☆☆☆☆
CASE 3  入院時患者情報収集− 1        Level:★★☆☆☆
CASE 4  入院時患者情報収集− 2        Level:★★☆☆☆
CASE 5  血糖降下剤の服薬指導         Level:★★★☆☆
CASE 6  α−グルコシダーゼ阻害剤の服薬指導  Level:★★☆☆☆
CASE 7  インスリン自己注射に対する服薬指導  Level:★★★★☆
CASE 8  ビスホスホネート製剤の服薬指導    Level:★★☆☆☆
CASE 9  ニューキノロン系抗菌剤の服薬指導   Level:★★☆☆☆
CASE10  点眼剤の服薬指導           Level:★★☆☆☆
CASE11  腎機能障害患者に対する服薬指導    Level:★★☆☆☆
CASE12  薬の飲み忘れに対する服薬指導     Level:★★☆☆☆
CASE13  ノンコンプライアンスに対する服薬指導 Level:★★★☆☆
CASE14  副作用発現時の服薬指導        Level:★★☆☆☆
CASE15  薬物相互作用− 1           Level:★★★☆☆
CASE16  薬物相互作用− 2           Level:★★★☆☆
CASE17  POS−1                Level:★★☆☆☆
CASE18  POS−2                Level:★★★☆☆
CASE19  POS−3                Level:★★★☆☆
CASE20  POS−4                Level:★★★☆☆
CASE21  POS−5                Level:★★★★☆
CASE22  SOAP形式の経過記録          Level:★★★☆☆
CASE23  剤形選択               Level:★★☆☆☆
CASE24  高齢者への薬学的管理         Level:★★★☆☆
CASE25  プレアボイド(未然回避)       Level:★★★☆☆
CASE26  適応外使用              Level:★★★☆☆
CASE27  併用禁忌薬              Level:★★★☆☆
CASE28  副作用モニタリング          Level:★★☆☆☆
CASE29  外来がん化学療法           Level:★★☆☆☆
CASE30  がん性疼痛の緩和治療         Level:★★★★☆
CASE31  製剤変更時の注意点          Level:★★★☆☆
CASE32  モルヒネの副作用対策         Level:★★★★☆

医薬品情報
CASE 1  インフォームド・コンセント           Level:★☆☆☆☆
CASE 2  添付文書の情報提供               Level:★★☆☆☆
CASE 3  薬剤鑑別                    Level:★★☆☆☆
CASE 4  飲み忘れの対応                 Level:★★☆☆☆
CASE 5  ジェネリック医薬品               Level:★★★☆☆
CASE 6  新薬情報の入手                 Level:★★☆☆☆
CASE 7  国内未発売医薬品                Level:★★★☆☆
CASE 8  EBM                     Level:★★★☆☆
CASE 9  緊急安全性情報− 1               Level:★☆☆☆☆
CASE10  緊急安全性情報− 2               Level:★★★☆☆
CASE11  フェニトインナトリウムと投与ルート       Level:★★★★☆
CASE12  フェンタニル貼付剤からモルヒネ徐放剤への変更  Level:★★★☆☆
CASE13  がん性疼痛管理とレスキュー投与         Level:★★★☆☆
CASE14  吸入気管支喘息治療薬と授乳           Level:★★★☆☆
CASE15  チアマゾールと無顆粒球症            Level:★★★☆☆
CASE16  腎機能低下患者への投与設計           Level:★★★☆☆
CASE17  アスピリンの術前休薬期間            Level:★★☆☆☆
CASE18  アスピリン喘息と代替薬             Level:★★☆☆☆
CASE19  褥瘡対策                    Level:★★★★☆
CASE20  鉄剤と胃全摘患者                Level:★★★☆☆
CASE21  鉄剤と黒色便                  Level:★★☆☆☆
CASE22  高カロリー輸液の投与速度            Level:★★★★☆
CASE23  SSRIとベンゾジアゼピン系抗不安剤        Level:★★★☆☆
CASE24  ワルファリンカリウムと経腸栄養剤        Level:★★☆☆☆
CASE25  ワルファリンカリウムと納豆           Level:★★★☆☆
CASE26  ノルフロキサシンとロキソプロフェンナトリウム  Level:★★★☆☆
CASE27  レボフロキサシンと鉄剤             Level:★★☆☆☆
CASE28  リファンピシンとステロイド剤          Level:★★★☆☆
CASE29  リトナビルとエルゴタミン製剤          Level:★★★★☆
CASE30  TS-1(ティーエスワンR)と併用禁忌薬      Level:★★★☆☆
CASE31  医薬品と飲食物                 Level:★☆☆☆☆
CASE32  テオフィリンとお茶               Level:★★☆☆☆
CASE33  アントラサイクリン系抗悪性腫瘍剤と心毒性    Level:★★★☆☆
CASE34  抗がん剤の血管外漏出              Level:★★★☆☆
CASE35  副作用情報の入手                Level:★★☆☆☆
CASE36  副作用情報の報告− 1              Level:★★☆☆☆
CASE37  副作用情報の報告− 2              Level:★★★☆☆
CASE38  フェノバルビタールの大量服用に対する処置    Level:★★★★☆
CASE39  義歯洗浄剤の誤飲に対する処置          Level:★★★★★

薬品管理
CASE 1  薬品管理と流れ                 Level:★☆☆☆☆
CASE 2  医薬品の経済管理                Level:★★★★☆
CASE 3  医薬品納入時の品質確保             Level:★★☆☆☆
CASE 4  医薬品の回収                  Level:★★☆☆☆
CASE 5  薬品管理と法規制                Level:★☆☆☆☆
CASE 6  特定生物由来製品の管理             Level:★☆☆☆☆
CASE 7  毒薬の管理                   Level:★☆☆☆☆
CASE 8  第一種・第二種向精神薬の管理          Level:★☆☆☆☆
CASE 9  覚せい剤原料の管理− 1             Level:★☆☆☆☆
CASE10  覚せい剤原料の管理− 2             Level:★☆☆☆☆
CASE11  麻薬の管理− 1                 Level:★☆☆☆☆
CASE12  麻薬の管理− 2                 Level:★★★☆☆
CASE13  麻薬の管理− 3                 Level:★★★☆☆

医療安全管理
CASE 1  アクシデントとインシデント             Level:★☆☆☆☆
CASE 2  メディケーション・エラー              Level:★★★★☆
CASE 3  調剤過誤防止                    Level:★☆☆☆☆
CASE 4  医療過誤対策                    Level:★★★★☆
CASE 5  処方オーダリングシステムとリスクマネジメント− 1  Level:★★☆☆☆
CASE 6  処方オーダリングシステムとリスクマネジメント− 2  Level:★★☆☆☆
CASE 7  入院患者に対する注射剤の誤投与防止         Level:★★★☆☆
CASE 8  新規採用医薬品の安全使用              Level:★★☆☆☆
CASE 9  医療現場における手洗いの実践            Level:★☆☆☆☆
CASE10  院内感染対策− 1(消毒薬の性質)          Level:★★☆☆☆
CASE11  院内感染対策− 2(院内感染に関する情報提供)    Level:★★☆☆☆
CASE12  院内感染対策− 3(感染経路)            Level:★★★☆☆

注射
CASE 1  無菌製剤処理加算                  Level:★★☆☆☆
CASE 2  輸液濃度の計算                   Level:★☆☆☆☆
CASE 3  基本液の特徴                    Level:★★☆☆☆
CASE 3  経静脈栄養法                    Level:★☆☆☆☆
CASE 5  乳酸アシドーシス                  Level:★★☆☆☆
CASE 6  新しい輸液容器の取り扱い              Level:★★☆☆☆
CASE 7  キット製剤の特徴                  Level:★★☆☆☆
CASE 8  投与速度に関する抽象的表現             Level:★★☆☆☆
CASE 9  注射処方せん鑑査− 1                Level:★★☆☆☆
CASE10  注射処方せん鑑査− 2                Level:★★☆☆☆
CASE11  注射処方せん鑑査− 3                Level:★★☆☆☆
CASE12  注射処方せん鑑査− 4                Level:★★★☆☆
CASE13  注射処方せん鑑査− 5                Level:★★★☆☆
CASE14  注射処方せん鑑査− 6                Level:★★★☆☆
CASE15  注射処方せん鑑査− 7                Level:★★☆☆☆
CASE16  注射処方せん鑑査− 8                Level:★★☆☆☆
CASE17  注射処方せん鑑査− 9                Level:★★☆☆☆
CASE18  注射剤の配合変化− 1                Level:★★★☆☆
CASE19  注射剤の配合変化− 2                Level:★★★★☆
CASE20  中心静脈栄養法(TPN)により投与される高カロリー輸液の混注 Level:★★★☆☆
CASE21  抗生剤の併用                    Level:★★★☆☆
CASE22  抗生剤の投与順序                  Level:★★★☆☆
CASE23  抗がん剤の腎障害回避                Level:★★☆☆☆
CASE24  抗がん剤投与法の検索                Level:★★★☆☆
CASE25  がん剤の可溶化                   Level:★★★☆☆
CASE26  抗がん剤調製時の注意− 1(アンプル製剤)      Level:★★☆☆☆
CASE27  抗がん剤調製時の注意− 2(バイアル製剤)      Level:★★★☆☆

薬物血中濃度
CASE 1  薬物血中濃度測定の意義             Level:★☆☆☆☆
CASE 2  特定薬剤治療管理料               Level:★☆☆☆☆
CASE 3  TDMを行う際の注意事項−1(測定法)       Level:★☆☆☆☆
CASE 4  TDMを行う際の注意事項−2(試料採取)      Level:★★★☆☆
CASE 5  TDMを行う際の注意事項−3(感染予防)      Level:★★☆☆☆
CASE 6  TDMを行う際の注意事項−4(患者背景)      Level:★★★☆☆
CASE 7  薬剤併用による腎排泄の変化           Level:★☆☆☆☆
CASE 8  高齢者に対するTDM              Level:★☆☆☆☆
CASE 9  薬物血中濃度測定の採血時間−1          Level:★★☆☆☆
CASE10  薬物血中濃度測定の採血時間−2          Level:★★☆☆☆
CASE11  薬物血中濃度測定の採血時間−3          Level:★★★☆☆
CASE12  薬物血中濃度測定の採血時間−4          Level:★★★☆☆
CASE13  シクロスポリンのTDM               Level:★★★☆☆
CASE14  テオフィリンのTDM                Level:★★★☆☆
CASE15  フェニトインのTDM                Level:★★★☆☆
CASE16  薬物血中濃度に影響する相互作用−1        Level:★★☆☆☆
CASE17  薬物血中濃度に影響する相互作用−2        Level:★★★☆☆
CASE18  測定結果の評価−1                Level:★★☆☆☆
CASE19  測定結果の評価−2                Level:★★☆☆☆
CASE20  測定結果の評価−3                Level:★★☆☆☆
CASE21  測定結果の評価−4                Level:★★★☆☆
CASE22  測定結果の評価−5                Level:★★★★☆
CASE23  測定結果の評価−6                Level:★★★☆☆
CASE24  投与設計−1                   Level:★★★★☆
CASE25  投与設計−2                   Level:★★★★☆
CASE26  投与設計−3                   Level:★★★★★
CASE27  投与設計−4                   Level:★★★★★

臨床試験
CASE 1  ヘルシンキ宣言                    Level:★☆☆☆☆
CASE 2  ICH‐GCP                       Level:★★☆☆☆
CASE 3  医薬品開発の流れ                   Level:★☆☆☆☆
CASE 4  治験業務の受託および支援機関             Level:★☆☆☆☆
CASE 5  治験実施のプロセス                  Level:★☆☆☆☆
CASE 6  臨床研究・臨床試験・治験の相分類           Level:★★★★☆
CASE 7  治験実施体制の概要                  Level:★☆☆☆☆
CASE 8  治験審査委員会(施設内審査委員会,IRB)の構成委員   Level:★☆☆☆☆
CASE 9  治験コーディネーター(CRC)の業務         Level:★★★★☆
CASE10  説明文書・同意文書               Level:★☆☆☆☆
CASE11  治験薬調剤                   Level:★★★☆☆
CASE12  治験実施計画書からの医療上やむを得ない逸脱   Level:★★☆☆☆
CASE13  被験者が受ける医療費負担の軽減措置       Level:★☆☆☆☆
CASE14  モニタリングと監査               Level:★★★☆☆
CASE15  治験における有害事象              Level:★★★☆☆
CASE16  安全性情報(有害事象情報)の報告        Level:★★★★☆
CASE17  治験における賠償・補償             Level:★★★★☆
CASE18  医薬品副作用被害救済制度            Level:★★★☆☆

索引
一般索引 543
薬剤索引 550