次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年3月 Vol.69 No.3
薬剤過敏症歴がある患者の薬物治療
リスク&ベネフィットを考慮した薬の選び方と使い方

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(岡田 正人)

■薬剤過敏症歴がある患者への問診と診察! 何を確認してどう評価するか?!(岡田 正人)

■薬剤アレルギー検査はこう考える! 得られる情報とその限界(山口 正雄)

■小児の薬剤アレルギー! 押さえておきたい勘所(山口 賢一)

■第一選択薬に過敏症歴あり! そのとき薬物治療はどう行うか?!
・β-ラクタム系抗菌薬(ピロリ除菌も含む)(堤 直之/倉井 華子)
・テトラサイクリン系抗菌薬(山藤 栄一郎)
・キノロン系抗菌薬(浦上 宗治/青木 洋介)
・マクロライド系抗菌薬(岩渕 千太郎)
・グリコペプチド系抗菌薬(太田 康男)
・抗結核薬(佐々木 結花)
・サルファ薬(ST合剤も含め)(陶山 恭博)
・非ステロイド性抗炎症薬・アセトアミノフェン(池田 行彦/岸本 暢将)
・インスリン(大沼 裕/橋本 尚武)
・抗てんかん薬(高橋 幸利)
・分子標的薬(樋口 雅樹)
・白金製剤(宮本 信吾/柳田 佳嗣)
・タキサン系抗がん薬(喜多川 亮)

予告

 薬剤過敏症は致死的となるうる重大な問題です。目の前の患者さんが過敏症歴があると訴えたとき、どのように評価し、治療方針を立てるか、医療従事者が頭を悩ませることは少なくありません。ペニシリン系抗菌薬にアレルギー歴があると訴えた患者さんのほとんどで、問題なくペニシリン系抗菌薬は使用できたとする報告もあるように、その訴えの妥当性を十分に評価することが肝要です。また、過敏症の可能性があると考えられる場合には、検査結果やリスク&ベネフィットを考慮しながら薬剤を選択し使用しますが、これらに関するガイドライン等はなく、情報が限られているのが現状です。
 そこで今回、薬剤過敏症歴がある患者さんを目の前にしたとき、いかに情報を引き出し評価するか、検査の考え方、さらに過敏症の原因となる代表的な治療薬についての具体的な薬剤選択と使い方のポイントについて、わが国を代表する第一線でご活躍の先生方にご解説いただきます。