バックナンバー

「薬局」2019年7月 Vol.70 No.8

在庫状況:在庫あり

2019年7月 Vol.70 No.8
糖尿病患者のフォローアップ
継続的な薬学的管理と患者支援の実践

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■特集にあたって(厚田 幸一郎)

■これからの糖尿病診療で求められる薬剤師の役割と地域医療連携(厚田 幸一郎)

■糖尿病治療の評価と合併症・副作用マネジメント
・糖尿病薬物治療における有効性の見方・考え方(武藤 達也)
・糖尿病における食事・運動療法の評価とその対応(室井 延之)
・糖尿病合併症に気づくための問診技術(清野 弘明 ほか)
・糖尿病治療薬で留意すべき副作用のマネジメント(濱口 良彦)

■糖尿病患者のアドヒアランス不良を疑うポイントと向上・維持のための方策(西村 博之ほか)

■合併症/併存疾患を有する糖尿病患者の継続的なフォローアップ
・糖尿病網膜症(清水 淳一)
・糖尿病腎症(田中 章郎)
・糖尿病神経障害(松本 晃一)
・動脈硬化性疾患(冠動脈疾患・脳血管障害・末梢動脈疾患)(井上 岳)
・糖尿病足病変(小林 庸子)
・NAFLD/NASH(藤井 博之)
・がん(稲野 寛)
・統合失調症(植草 秀介ほか)

■在宅高齢糖尿病患者の薬学的管理と患者支援(篠原 久仁子)

シリーズ

■「治療」「薬局」合同連載 
症例×Q&A 超高齢社会シコウの利尿薬適正使用シコウ
体液過剰状態を呈する高齢うっ血性心不全患者の入院(再入院)が繰り返される現状,なんとかならないのか?
(杉本 俊郎)

■医療マンダラ ~思考と感性のセンスを磨く~
障害者支援・介護の世界で,今,何が求められているのか
~介護の世界で「ユマニチュード」が有効な理由~
(中野 重行)

■BMs-Podによる真の薬物投与設計 ~薬物動態解析の臨床への還元~
BMs-Podの基本的な扱い方:ベイズ推定の活用方法
~タクロリムスの静脈内持続投与と薬物相互作用~
(尾田 一貴)

■褥瘡コンサル虎の巻 ~褥瘡の発生要因を考える~
褥瘡が発生! 薬が原因?-③
予測される褥瘡発生とその対応
(溝神 文博)

■薬剤師にもできる! 将来幸せに働くための投資講座 第4回
どんな薬剤師にもできる投資の基本的戦略とはじめの一歩
(桑原 秀徳)

巻頭言

 糖尿病治療の目標は,健康な人と変わらないQOLの維持,健康な人と変わらない寿命の確保である.そのためには血糖,体重,血圧,血清脂質の良好なコントロール状態の維持が特に重要であると言える.血糖コントロールの中心的な目標は,HbA1c 7.0%未満であるが,治療目標は,年齢,罹病期間,臓器障害,低血糖の危険性,支援体制などを考慮する必要がある.糖尿病治療の基本は食事療法と運動療法であり,薬物療法は補助療法といわれているが,食事,運動の自己管理は困難であることから,多くの患者は薬物療法を必要とすることになる.現在,わが国では多数の糖尿病治療薬が使用可能である.
 このような中,糖尿病患者における服薬管理について議論が盛んに行われている.その背景には,糖尿病患者の服薬アドヒアランスの低さに加えて,残薬,高齢化,在宅医療,認知症などさまざまな課題が散見されていることにある.中でも,全糖尿病患者の約半数が70歳以上という時代を迎えたことは特筆すべき点である.このような現状を受け,2016年には日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会により,高齢者糖尿病の血糖コントロール目標が策定された.この中で,重症低血糖が危惧される薬剤(インスリン製剤,スルホニル尿素薬,グリニド薬など)の使用がある場合の血糖コントロール目標は,重症低血糖回避を優先し,下限値を設定していることは薬剤師として注視すべき点である.高齢者の服薬管理に携わる医師,看護師,薬剤師そしてケアマネジャーなどの医療スタッフ間そして施設間の連携が重要な課題となる.糖尿病患者ケアにおける薬剤選択や服薬管理は新たな局面を迎えている.
 一方,わが国の医療制度は,地域包括ケアシステムへと移行しようとしているが,薬機法改正に向けた厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会の報告書(2018年12月25日)では,「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援するための医薬分業の今後のあり方」として,服薬期間中の継続的な薬学的管理と薬学的知見に基づく患者指導ならびに地域における医療従事者間の情報共有などが挙げられている.これは,前述のように多職種連携による継続的なフォローアップが求められる糖尿病では特に重要となる.
 そこで,今回,糖尿病患者の継続的な薬学的管理と患者支援をいかに実践すべきかについて,第一線で活躍されている先生方に執筆いただいた.本特集が糖尿病患者のフォローアップに寄与できれば幸甚である.

厚田 幸一郎
北里大学薬学部 教授/北里大学病院 薬剤部長